ろっそ もひ ろっそ ~ドラクエ10ブログ~

アストルティアで暮らす、ロッソの日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

#118:仕舞

大変ご無沙汰しております。皆様いかがお過ごしでしょうか。

ここ最近の私はといえば、相も変わらず空気を吸ったり、顔を洗ったり、歯を磨いたり、靴を履いたり、結婚したりして過ごしておりました。

2017_01.jpg

ドラゴンクエスト10に関しては、初期から全力疾走してきた方たちの多くと同様でしょうか、コンテンツというコンテンツを遊びつくし、特別やるべきことを見失いつつも、再びくるだろう盛り上がりに願いを馳せて、ゆるりゆるりと続けております。

さて、今回この更新していく意味が薄く薄くなってしまったブログに手をつけたのは、タイトルの通り、最終回を書いて閉じたいと思ったからです。いいえ、そもそもから意味なんて無いブログなことは自覚しておりますが。

人生初めてのオンラインゲームである、ドラゴンクエスト10。もう4年としばしの時間が流れているのですね。ここで過ごしてきた長い時間と、いくつもの出会いの中で時には嫌な思いもしました。その数万倍、数え上げたらきりがないほど笑いました。

その一端をこのブログは担ってくれました。立ち上げ当初に掲げたドラクエ10をより楽しむという目的は、有難いことに達成されたように思います。

2017_02.jpg

最終回に当たって、何を書こうか少し考えました。

一番書きたいことは、ここで出会った人々への感謝の言葉なのですが、感謝を伝えるべき人々全てを書き出すことは不可能に思われましたので、それはまた別の形にすることとします。

ドラクエ10において思い出深い場所を少し巡ってみることにしました。初期村装備をまとい、気持ちも高めます。

2017_03.jpg

住宅のあるアズランからスタートです。この住宅地も、最初の住宅実装時にチームメンバーたちと同地区を買い占めてとした思い出深い場所です。




2017_04.jpg

宿屋。温泉実装当初、女湯の存在に心躍らせたことを思い出します。

2017_05.jpg

今となっては、鼻毛程の関心すらございません。

2017_06.jpg

でもまあ、念の為。念の為です。

2017_07.jpg

入れませんでした。



2017_08.jpg

スイゼン湿原。私がアストルティアでの冒険をスタートさせて、一番最初にまとまったレベル上げをしたのがここです。

タップデビルは私の師匠と呼んでも過言では無いでしょう。

師匠…

2017_09.jpg

私が近づくとめっちゃ逃げます。

2017_10.jpg

2017_09.jpg

2017_10.jpg

2017_09.jpg

2017_10.jpg

2017_09.jpg

2017_10.jpg

2017_09.jpg

2017_11.jpg



2017_12.jpg

近場にあったスイの塔にも寄っていきます。

2017_13.jpg

そうそう、ここです。ここ。この満たされた水の先に進めるようになってから辿りつく場所。

2017_14.jpg

そう、ここ。

なんでしたっけね…この場所には、驚くくらい思い出もへったくれもございません。

2017_15.jpg

2017_22.jpg

最上階。

最初の大陸エンブレムを入手する為に訪れた場所です。

強ボスの第二弾が実装された日に、チームの勇士を募って訪れた場所。

扉の前を埋め尽くすように転がっていた、多くの死体は今は存在しません。



2017_16.jpg

強ボス巡りは、私にとって多くの出会いのあったコンテンツでした。

2017_17.jpg

待ち合わす時間、そこへの移動時間、様々なことが思い出されます。

2017_18.jpg




2017_19.jpg

飛んで、ランドン山脈。

2017_20.jpg

ここで気付く、思い出も書ききれないだけの、莫大な量になっているという事実。

それでいいと思いました。


2017_21.jpg

これにて、このブログに記すロッソの話はお終いです。つたない記事にお付き合い頂いた方、ありがとうございました。

4年以上の時間が過ぎたドラゴンクエスト10。うたわれている10年が本当ならば、まだ折り返してすらいません。

心震える冒険を。腹の底から笑える体験を。さらなる素敵な出会いを。

皆様、良い旅を!!

スポンサーサイト
  1. 2017/01/15(日)|
  2. その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。