ろっそ もひ ろっそ ~ドラクエ10ブログ~

アストルティアで暮らす、ロッソの日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

#81:調査

▼追記箇所へ飛ぶ

140413_03.jpg
バージョン2.1の後記がやって参りました。

今回のアップデートで最も注目されるのは、やはりスキルの上限解放でしょうか。

120ポイントという数値の解放を嬉しく思う反面、スキルの割り振りに頭を抱えられているのでは無いでしょうか。

そんな方の一助になればと、私もついに、これまでドラクエブロガーとして触れずにきた領域に足を踏み入れます。

c140418_18.jpg
バージョン2.1後期においてスキル解放とともに変更となった、いくつかの特技があります。

私が注目したのは、このうちの「ギガスラッシュ」。

ドラクエシリーズに初登場したのはドラクエ6と実は比較的新しい技ではありますが、10に登場するまでは勇者のみが振るうことのできた、これぞドラクエと呼べるような技ですよね。

現在のアストルティアにおいては、斧や両手剣といったその他の強力な武器や技の影に隠れてしまっている印象を持ちますが、前回のアップデートにおける「オノむそう」や「タナトスハント」の強化傾向を見るに、恐ろしい威力を発揮するようになるのではないかと推測されます。

攻撃力と攻撃魔力に依存するとのことなので、調査の対象は魔法戦士にしました。

140416_01.jpg
アップデート前日、手元にあったいくらかのゴールドを握りしめ、王宮魔術セット一式を揃えました。この王宮魔術はセットで纏うことで、素の攻撃魔力が75増えます。

上位装備に当たる、だいまどうセットと比べても、その攻撃魔力には10の差しか無く、また腕装備が存在しない為、腕は持っている装備を使いまわせるのも嬉しいです。

c140418_02.jpg
装備してのステータスは、このようになりました。

攻撃力378の攻撃魔力343。

c140418_06.jpg
さっそくギガスラッシュを打ってみます。

c140418_07.jpg
「バイキルト」を入れた状態で。

140416_03.jpg
参考までにバトルマスターの数値も取っておきます。

c140418_03.jpg
ステータスです。

c140418_09.jpg
攻撃力にのみ依存する前期段階では、魔法戦士よりは少しダメージが出ます。

c140418_10.jpg
「すてみ」をしてもう一度。

c140418_05.jpg
さらには念を入れて、全裸の状態での数値を取ります。

c140418_08.jpg
全裸で片手剣を装備していない為、ギガスラッシュは打てません。

パンチです。

c140418_11.jpg
バトルマスター。

c140418_12.jpg
天下無双。

そして迎えた後期へのアップデート。

このギガスラッシュの威力がどこまで変わるのか、期待に胸が躍ります。

140417.jpg
見た目はドレスアップをしておりますが、先の王宮魔術です。

アクセサリーについても全て変更はありません。

私の予想では、この状態でタコメットは一撃で沈みます。

いえ、周囲を囲む岩も、さらには、その向こうにそびえる山々さえも真っ二つに割れてしまうのではないかという懸念までしております。

いきます。

c140418_13.jpg
187!

増えました。確かに増えました。でも、でも…

バイキルト!

c140418_14.jpg
190!205!

うーん…

なんの、まだまだです。

c140418_01.jpg
実はこの王宮魔術装備にはセット効果に、戦闘開始時に呪文威力が上がるというものがあるのです。

c140418_04.jpg
装備も攻撃魔力+攻撃力の合計数値を上げる為、バトルチョーカーを魔王のネックレスに、セトのブローチをセルケトのブローチに取り換えます。

これで山とは言わないまでも、タコメットは真っ二つになるはずです。

いきます。

c140418_16.jpg
189!201!

減りました!ダメージが減りました!

140416_02.jpg
…。

c140418_19.jpg
しかしこうすることで得ることの出来た、宝のようなデータ。

c140418_20.jpg
前期は、既に過去の話である為、無視するとして、注目すべきはパターンHとパターンKの列。

攻撃魔力を上げた状態で放つギガスラッシュは範囲攻撃でもあり、全裸で打つ単体攻撃のパンチよりもはるかに強いです。


■4/20追記

コメントにて教えて頂いたのですが、調査の対象にしたモンスターのタコメットは、ギガスラッシュの属性である「光」に耐性があるようです。

ピラミッドなどで、光が弱点のモンスターに振るった際には300超えてのダメージが出ておりました。

この記事にあるふざけたデータのみで、ギガスラッシュを見限らないで頂けますと幸いです。

ちなみに私はこの検証後も嬉々としてギガスラッシュしまくっております。




スポンサーサイト
  1. 2014/04/18(金)|
  2. スキル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

#80:未踏

140413_01.jpg
相撲大会に参加してきました。

詳細は今大会主催のジブラさんはじめ、参加されたブロガーである皆さんにゆだねますが、腹を抱えるくらい笑いました。

ドラクエを通じての繋がりがもたらした恵まれた時間。そう私は捉えます。

その一方で、ドラクエの本来の目的に当たる冒険とは無縁の時間であるということも知っています。

しかし前回記しましたが、現段階で実装されておりますストーリーはクリア済みの私には、しばし冒険すべき場所が無いのです。

140413_05.jpg
いえ、ありました。真のレンダーシア大陸には、まだ今現在のストーリーでは触れることの無いいくつかの地があるようです。

140413_04.jpg
先日はフレンドのレイシャさんと、その一つを探索しました。

そこにあったのは高値で取引きされるキラキラの山や、未知なるモンスターの存在。

わくわくしました。まだ冒険は終わっていなかった。

c140412_01.jpg
そんな私の目にとまったのは地図に記された、とある知らない土地の名前。

強い強い魅力を放つ土地の名前。

140414_01.jpg
行くしかありません。

140414_02.jpg
温泉峡という名に見合ったしかるべき格好で。

行くしかないのです。

c140412_02.jpg
この扉の先に、新たな冒険が待っています。高鳴る胸の鼓動を抑えることができません。

新しい扉を開く。ドラクエの魅力は、まさにこの瞬間に凝縮されているように思うのです。

いえ、それはドラクエというゲームに限った話ではないかもしれません。

現実世界においても、私たちは目の前に現れる扉を一つ一つ開き人生を送っていくのです。





…その度、胸を躍らせながら。











c140412_03.jpg

c140412_04.jpg

140414_03.jpg

c140412_05.jpg

140414_03.jpg

c140412_05.jpg

140414_04.jpg

c140412_05.jpg

c140412_06.jpg


  1. 2014/04/14(月)|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

#79:春宵

140403_01.jpg
先日ついにバージョン2.1のストーリーをクリアしました。

とても面白かった。

スタンプラリーも、今更やっていられるかというようなクエストをはじめ、涙ひとつ流すことなくクリアしルーラストーンを入手しました。

そして気がつくと、私の前にやるべきことは無くなっていました。

140404_01.jpg
レベル上げは必要を感じない為、今一つやる気になれません。金策も同じ理由から、今一つ本気になれずにおります。

140405_07.jpg

140406_03.jpg
今はフレンド達と強ボスを倒したりとしながら次のバージョンアップを心待ちにするばかり。

140405_01.jpg
そんな折、開催されて嬉しいのが様々なプレイヤーイベント。先日はチームのサブリーダーであるガイアが主催したチームイベントがありました。

140405_02.jpg
第一種目はセレドット山道周回ドルボレース。

仮にも私はチームリーダーです。メンバーに示しをつける為にも、負けるわけにはいきません。

140405_03.jpg
「わっはっはっは!楽勝やああ!」

c140408_01.jpg
ダメでした。

いえ、この写真はゴール後、道に迷って死んだメンバーを救出しに、コースを戻った際のものなのですが、レース自体の結果も3位とふるわずでした。

そしてこのレース結果を踏まえ、次のオーブ早取り競争のパーティ分けおよび、職業に制限が課せられます。

シンさん、シスリーナさん、私の上位3名は、職業を2つ他のパーティから指定されます。続く、デスノさん、アキスーさん、ヨーコさん、ミューみゅーさんたちは職業を3つ、最終グループのルカリオさん、ちえさん、まめまるさん、ガイアたちは4つ指定される形です。


c140408_02.jpg
普段使わない職業をあてがわれての競争。面白かったです。

私もレベル43の道具つかいでボス戦を楽しみました。

そのオーブ早取り競争は、我々パーティの圧勝。

140406_01.jpg
続いて花見とチームクエストを兼ねた釣り大会。

140406_02.jpg
記念撮影。

去年も同じ場所でチームイベントを行い、メンバーたちと写真を撮影しました。当時はここにいたメンバーのこと、その後、新しく加わったメンバーのこと、様々な思いが酔っぱらった頭に染み入ります。

来年も、きっとまたここに来ようとメンバーたちと約束をしました。その時、このチームはどういう形になっているのでしょうか。


c140408_03.jpg
その翌日にもイベントがありました。チームメンバーであるデスノさんが主催する「第一回 エアーイオラの会」です。

恐る恐る、一時間遅れで覗きに行ってみました。

飛び込んだ井戸の中。

140406_04.jpg
一時間遅れです。

一時間もの間、この3名はこの格好でこの場所にいたのです。

一体、何をしていたというのでしょうか。

c140408_04.jpg
何かが始まるようです。

c140408_05.jpg
「ガガガガアガアアアアアアアアアアアア!!」とのことです。

c140408_06.jpg
「髪毛よい のこた」

c140408_07.jpg
「のこた のこた」

もじもじ、かくかくと動き始める3名。

c140408_08.jpg
「のこた のこた」

c140408_07.jpg
もじもじかくかく。

c140408_08.jpg
「のこた のこた」

c140408_07.jpg
もじもじかくかく。

c140408_09.jpg
「おせない」とのことです。

c140408_08.jpg
「のこた のこた」

c140408_07.jpg
もじもじかくかく。

c140408_11.jpg

c140408_12.jpg

c140408_13.jpg

はやく来い来い、2.1後期です。


  1. 2014/04/08(火)|
  2. うちわ話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

#78:更新

















































c140401_01jpg.jpg
  1. 2014/04/01(火)|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。