ろっそ もひ ろっそ ~ドラクエ10ブログ~

アストルティアで暮らす、ロッソの日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

#77:道草

140330_01.jpg
物語を少しずつ進めているのですが、思わず足を止めてしまいたくなるような美しい風景がレンダーシア大陸には実に多いですね。

140328_01.jpg
洞窟から望む光を放つ山脈。

140330_02.jpg
密林に眠る遺跡。

140330_03.jpg
その奥、人知れず静けさを保つ泉。

140330_07.jpg
まるで鏡のように冒険者たちを映し出す湖。

140330_08.jpg
まるで、鏡のように…

140330_06.jpg

140330_05.jpg

c140329_01.jpg

c140329_02.jpg

140330_09.jpg
ダメでした。

パンツは見えませんでした…

140330_10.jpg
人選もいささか間違えました…

140330_11.jpg
くっそ!くっそ!…くっそ!!


スポンサーサイト
  1. 2014/03/30(日)|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

#76:行儀

冒険(ぼうけん)とは、日常とかけ離れた状況の中で、なんらかの目的のために危険に満ちた体験の中に身を置くことである。
-ウィキペディア-

危険に満ちた体験の中に身を置くこと…

これまでの日々を経て、私はいくらか強くなりました。強くなることでやれることが増えることを楽しく思う反面、新しいフィールドを駆け巡り、強敵と遭遇しといった際の私が抱える危険は確実に減ってきてしまっています。

もっと胸の躍る冒険がしたい。

そんな私に、その日一緒にパーティを組んでおりましたヨシマンさんが話を持ちかけてくれました。

ブロガーであるヌンチャクさん主催のドレスアップイベント「ARAKURE」

アストルティアでも、その荒くれ具合は広く知られたところであるヨシマンさんがイベントへ行って荒くれて帰ろうと言い出したのです。

ヌンチャクさんのことは何度か他のブロガーさんイベントでお見かけしたことはあるものの、ほぼ初対面です。それは、ヨシマンさんも同様とのこと…。

冒険の臭いがします。

一緒にパーティを組んでおりました、フジコさんも誘い冒険の舞台であるオルフェア・トゥーンタウンへ。

c140326_05.jpg
大勢の人が集まっておりました。

どうやら会場に当たるこの家の前にいる皆さんは見学者の方々で、参加者は家の中に集まっている様子。

ここは当然、参加者として荒くれるべく、家の中へずかずかと入って行こうとしたところ。

c140326_06.jpg

c140326_01.jpg
怒られました。

ノーアポイントです。当然です。

しかし荒くれ者である私たちを止めることは出来ません。

c140326_03.jpg

c140326_04.jpg
続いて行くと、いきり立つヨシマンさん。

c140326_07.jpg
怒られました。

c140326_08.jpg
同じやり取りを繰り返している間に、主催者ヌンチャクさんのフレンドであるフジコさんが直接交渉をしてくれたようで、無事大会に参加することができました。

c140326_09.jpg
ヌンチャクさん、有難うございました。

本番は場の空気に負けたフジコさんは出場を辞退。ヨシマンさんに「小2」と称される体下装備を外しただけの私は惨敗。同じく体下装備を外しただけのヨシマンさんも、優れたオーガの体躯を活かし健闘するも優勝を手にすること出来ずに、そそくさと会場を後にしました。

大会の詳細はヌンチャクさんのブログ「DQX・咲き乱れる花」の更新をご期待ください。

ヌンチャクさん、運営の皆様、また参加者、見学者の皆様、ご迷惑になっていなかったならいいのですが…大変お邪魔しました。

その後、まだ眠るには早い時間ということもあり、何かしようということになった私たち。

c140326_02.jpg
ソロで元気玉使用中のジブラさんを仲間に加えます。

c140326_10.jpg

c140326_11.jpg

c140326_12.jpg
コロシアムに揃ったパラディン4人。

c140326_13.jpg
対戦相手を敵陣まで押し込んだら勝ちという、インナールールを設定し勝負に挑みます。

c140326_14.jpg
完敗でした。

その後、これはコロシアムに真剣勝負をしに来ている方々に対して、失礼な行為にも当たると深く反省した私たちは、うちうちでの相撲大会に切り換えることに。

c140326_15.jpg
一戦目。ヨシマンさんvsフジコさん。ルールはシンプル。装備を全て外した状態で相手を土俵から押し出したら勝ち。

c140326_16.jpg
オーガ同士の対戦は迫力があります。

c140326_17.jpg

c140326_18.jpg
拮抗する戦いにしびれを切らし、手を上げるヨシマンさん。

c140326_19.jpg
その後もいい勝負をするものの、ヘビーチャージのずれたタイミングで押し切ったヨシマンさんの勝利。

c140326_20.jpg
二戦目。ジブラさんvs私。

c140326_21.jpg

c140326_22.jpg
速攻で私が勝利を収めます。

c140326_23.jpg
しかし、まだ勝負を続けてくるジブラさん。

c140326_24.jpg
手を出すジブラさん。

c140326_25.jpg
ハンマーを持ち出すジブラさん。

c140326_26.jpg
その悪のりはフジコさんにも飛び火し、行司をおこなっていたヨシマンさんも二人に襲撃される始末。

c140326_27.jpg

c140326_28.jpg
乱闘。

c140326_29.jpg
3位決定戦。フジコさんvsジブラさん。スタートの合図を待たずして飛び掛かるフジコさん。

c140326_30.jpg
フジコさん猛る。

c140326_31.jpg
しかし、もの言いによる取り直しの結果、ジブラさんの勝利。

c140326_32.jpg
フジコさんの悲痛な叫びに呼応し、ジブラさんを槍で刺すヨシマンさん。

c140326_33.jpg
乱闘。

c140326_34.jpg
決勝戦。ヨシマンさんvs私。最初から槍を構えるのは行司のジブラさん。

c140326_35.jpg
レベル80オーガは、やはり重たく、途中装備品からハイドラベルトを探すものの間に合わず敗退。

c140326_36.jpg
乱闘。

140326_01.jpg

冒険(ぼうけん)とは、日常とかけ離れた状況の中で、なんらかの目的のために危険に満ちた体験の中に身を置くことである。
-ウィキペディア-



  1. 2014/03/26(水)|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

#75:多謝

先日の私の誕生日サプライズにと、私がこれまでにまとってきた装備を用意してくれたチームメンバーのちえさん、ルカリオさんと一緒に写真を撮りましょうということになりました。

140324_01.jpg
一緒にパーティを組んでいたルークさんも一緒に、集会所の畑にて。

私は僧侶用の水の羽衣をこの見た目にドレスアップしております。

水の羽衣は頻繁に買い換えているので、色はその都度変更したりしているのですが、ちえさんの色にしていることもありました。

忠実な再現に心打たれます。エルフ男の足の短さに心くじけます。

140325_01.jpg
続いて、ルカリオさんと怪傑ゾロ装備にて。

このファントムマントが高価なのです。しかもルカリオさん、この格好をする為に持っていなかった怪傑マスクを、わざわざ取りに行ったとのこと。

…泣けてきます。

しかし、ルカリオさんの腕と脚は魔法戦士のそれで、私のは戦士装備のを黒で染めたものです。さらには私のファントムマントは身体部分を黒で染め上げているものですから、私はルカリオさんに「ツメが甘いんだよ」と叱りつけます。

c140324_01.jpg

c140324_02.jpg

c140324_03.jpg
危ないところでした。




140325_02.jpg
ちゃーんちゃっか♪ちゃっかちゃっか♪

140325_03.jpg
ちゃーんっ♪



紹介しきれず恐縮なのですが、他にもtwitterやゲーム内にて多くの方々から嬉しいメッセージやサプライズを頂きました!

本当に本当に皆様ありがとうございます!

良い歳になるよう精進していく構えでおります!


  1. 2014/03/25(火)|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

#74:闘技

そうして齢を一つ重ねた私は、年齢に見合った男にならなくてはいけないと考えております。

140323_04.jpg
そう考えていた矢先に、私のフレンドであり、ライバルであるジブラさんとコロシアムにてタイマンを張ることとなりました。

ジブラさんのチームメンバーであるティダさんに立会っていただき、男のプライドとプライドを賭けた真剣勝負です。

c140323_01.jpg

c140323_02.jpg

c140323_03.jpg

c140323_04.jpg

c140323_05.jpg

c140323_06.jpg

c140323_07.jpg

c140323_09.jpg

c140323_10.jpg

c140323_11.jpg

c140323_12.jpg

c140323_13.jpg

c140323_14.jpg

c140323_15.jpg

c140323_16.jpg

c140323_17.jpg

c140323_18.jpg

c140323_19.jpg
勝ちました。

年齢に見合った男にならなくてはいけないと、そう考えております。


  1. 2014/03/24(月)|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

#73:誕辰

ある日、私の郵便受けに届いたのは一枚のゴールドマン衣装券。

差出人はチームメンバーのデスノさん。

c140325_07.jpg

冒険者の広場にあるチーム掲示板を見ることで納得。チームイベントのお誘いでした。

私たちのチームは、これまでにもいくつかのチームイベントを行ってまいりました。冒険の手をしばし休めて、メンバーで集まり交流をはかる。いいものです。

しかしこのイベント、あまりにも趣旨が不明すぎます。

誰が、来るというのだろうか。

140322_01.jpg
割とたくさん集まりました。

140322_02.jpg
イベント趣旨に従い、記念撮影。

140322_03.jpg
完。


…。

それではあまりだと思った私は、その後パーティを分けてオーブの早取り競争を提案しました。

ダイスを振ってパーティを分けます。集まった人数の関係から、3、3、3、4に分けます。

私は運よく4人配分のパーティに。


c140325_06.jpg
戦闘中、他のパーティから届くオーブ入手の声。

c140325_05.jpg
それを否定する声。

謎の情報戦。

そのような言葉に惑わされることなく、もくもくとオーブ入手に神経をそそぐ私たち。

私、僧侶の操作には定評がありまして。もう誰もが私の僧侶はすごい。私の僧侶は神様だ。神様。わっしょい!わっしょい!と言います。

ルークさんは、生粋の武闘家です。数知れぬボスが、そのツメの餌食となっていくのを見ています。

デスノさん。レベルこそ低いものの、その破天荒なキャラクターに似つかわしくない献身的なプレイスタイルには目を見張るものがあります。

サブリーダーであるガイアに至っては、特筆事項がありません。

負ける要素は皆無です。この勝負頂きです。

c140325_04.jpg
ダメでした。

負けました。私たちは二位でした。

そして集会所に戻り、他のメンバーの帰りを待って、勝ちパーティのアリルさん、ちえさん、せぼねさんに賞品の授与などをわいわいやっていましたところ、示し合わせたかたのように姿を消していくチームメンバー達。

私は瞬時に悟ります。


ははあ…これは、いじめだな。と。


「ロッソ、外来て!」

ついにリーダーを降ろされる時がきたか。

立ち上げから今日に至るまで、長く愛情を注いできたチームでしたが、やや注ぎ方を誤ってきたという身の覚えが無くもありません。しかし男なら潔く腹をくくるしかありません。

私は答えます。

「嫌だい!嫌だい!絶対、死んでも外でないからな!」

c140325_03.jpg
目頭が熱くなりました。

この手のことが苦手な私は、自分の誕生日のことには触れずにいたのです。

c140325_02.jpg
ルカリオさん、ちえさん、チェノアさん、アリルさんに至っては私がこれまでしてきた装備に身を包むという凝りよう。

チェノアさんは私が最近釣りに本気で繰り出す際のコスチュームに。ちえさんは私が長らく愛用しており、今でも身にまとうことの多い羽衣コスチューム。ルカリオさんは、以前記事で少し書きました怪傑ゾロ…いくら使っているのでしょう。アリルさんは、初期からの付き合いなだけあり、げんぶ一式という渋いチョイス。

胸がいっぱいになりました。

でも、似合っていないなあと思った私はその感想を伝えます。

c140325_01.jpg

…。

メンバーの皆さん、本当に有難うございました。心から、心から嬉しかったのです。

皆さんと出会い、ここまでやって来れて、今もこうして一緒に遊べることが本当に幸せなことと感じています。いささか癖のあるリーダーであること自覚しております。迷惑かけることも多いかと思いますが、どうぞこれからも宜しくお願いします。

140323_03.jpg


  1. 2014/03/24(月)|
  2. うちわ話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

#72:武装

140316_01.jpg
バージョン2.1が楽しくて、楽しくて。またしてもブログ書く時間があったらインしたい病に犯されておりました。

そのバージョン2.1にて大きく変わったものとして、戦闘時における武器威力のバランス調整が上げられるかと思います。

特に私が良く耳にするものは、アポロンのオノを中心としたオノの猛威とタイガークローの弱体化が嘆かれるツメの存在でしょうか。

私が長く愛してきた両手剣バトルマスターも天下無双の強化により、注目されているようですね。嬉しい限りです。

140315_01.jpg
そんな私は最近、両手剣を切り、ツメにスキルを振り直しました。

私自身、まだアポロンのオノを装備できるレベルに達している職業は無いのですが、フレンドやチームメンバーとピラミッドに行った際などにその恐るべき威力を目の当たりにしています。

ツメの弱体化に関しては、以前もブログで触れましたが、ツメ盗賊としてアストルティアでの冒険を始めた私も、ツメが栄華を極めていた時代には完全にスキルを切って過ごしていた為、今一つぴんと来ていません。むしろその強さに一人興奮しております。

両手剣に関しては、やや使い飽きてしまったの一言につきます。ツメのように再度取り直す日がくるかとも思うのですが。

140319_01.jpg
そして、あと一つ上げておきたいのが短剣の技、タナトスハントの強化です。

140319_02.jpg
先日フレンドのうこたろうさんに誘われ、同じくフレンドであるシャアさんえすさんさんと各種ボスを毒まみれにして回りました。

強いです。いささか強すぎるくらいの印象を持ちます。

唯一の欠点を上げるとするならば、タナトスハントが威力を発揮する土台づくりのヴァイパーファングにまごつく時くらいでしょうか。

そこで私が興味を惹かれたのが、錬金時のパルプンテにてつく毒効果。

失敗品としてこれまで扱われてきたこの効果ですが、タナトスハントの高威力化に伴い、短剣についたものは高額で取引きされています。とても手が伸びませんでした。

140320_01.jpg
バザーとにらめっこすること数分。

ん…?何だこれ、とても安い。

c_130320_01.jpg
★3最安値で出品されておりました。

そしてこれ。

c_130320_03.jpg
こちらも★3最安値。

買いです。

こうして、普段はタイガークローを中心に戦い、毒が入った瞬間短剣に持ちかえるというスタイルの盗賊が完成しました。

これ本当にお勧めです。ヴァイパーファングより毒が入る確率は落ちますが、ドプっ、ドプっ、ドプっ、と空回りし続けるストレスが無くなります。何より比較的低コストで実現できます。

最初から短剣で毒を狙っていくのとどちらが討伐速度が速いのかは知りません。





~おまけ~

私のニューVロンの盾。

c_130320_02.jpg
サワッチさん曰く。

私の錬金時における心の動きが手に取るように分かる。


  1. 2014/03/20(木)|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

#71:継続

まさか続いているとは思いませんでした。

当ブログ、本日で開設してから一年が経ちました。

130113_01.jpg
さらっと見返してみると見つかる、本当にどうしようもない記事から、頑張って書いていると思える記事。そして誤字、文法のおかしな文章。

…ええ、とても面倒なので直しません。

ブログを綴り始めたことで得た一番大きなものは、ブログを通じて生まれた多くの繋がりだと感じています。

140223_02.jpg
私のブログを見てチームに加わってくれた方がおります。また昔は憧れのブロガーさんだった方たちとも、今は軽口をたたきあって遊ぶ仲になりました。

それとアストルティアで声をかけて頂くことも増えました。

「ブログミテマス」とか「サワッチさんのイベントで忘れられていた人ですか?」とか「イコプさんの大ファンです!」とか、ね。

有難い限りです。精進しないといけません。

ブログを始めたことで、以前は野良での出会いを中心にゆっくりと輪が広がっていたのですが、その広がる速度が加速度的に増したように感じます。

そして、それら人との出会いが確実に私のドラクエライフを濃密で愉快なものにしてくれています。

よりドラクエ10を楽しむという、ブログ開設の目的は見事に達成できているようです。



この先にはどんな出会いがあるのでしょう。

わくわくします。

これからも1つ1つの出会いを大切にしていけたらと、そう考えています。

極力心はオープンにして。




先日、一人日課である迷宮に潜った日のこと。

そこでマッチングされたのは、なんとも愛らしい女性天使3人。

140302_01.jpg
「全員おっさんなのだろうか?」と、そう私は心を構えました。


  1. 2014/03/03(月)|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。