ろっそ もひ ろっそ ~ドラクエ10ブログ~

アストルティアで暮らす、ロッソの日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

#54:帰郷

平日。帰宅して、急ぎ食事をとり、急ぎ風呂に入り、特にやることもないのでとアストルティアにインしたとして、許される滞在時間は限られたものです。

迷宮に潜り、討伐を行い、職人依頼をこなし、時計を見て、焦り布団にもぐりこむ。日課。

今日は、あえて日課を捨て去りました。なんだか、違うように思ったので。

日課を捨て去ったとたん、一気に広がる世界があります。その気持ちの余裕から私の心は真災厄の王を倒したことで手に入れた、故郷のルーラストーンに至ります。

私が冒険を始めた最初の村はどんな村だったろうか。そういえば、この村には配信クエストもあったはず。いや、配信クエストも今日は置いておこう。たまにはのんびり、故郷を探索してみるのも良いかもしれない。

131030_01.jpg

さっそく怪しげな井戸を見つけました。

c131030_01.jpg

当然のように中に人は誰もいません。

131030_02.jpg

当然のように私は衣服を脱いでみます。

c131030_02.jpg

いえ、村自体にプレイヤーの姿が見当たりません。話相手はNPCのみ。

c131030_03.jpg


c131030_04.jpg


c131030_05.jpg


c131030_06.jpg


c131030_07.jpg


131030_03.jpg
インし直して迷宮だけでも行こうかと思います。



スポンサーサイト
  1. 2013/10/31(木)|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

#53:僧侶

ブロガー仲間のサワッチさん、レオさん、セバルコスさんとべリアルへ行ってきました。


僧侶4人で。


僧侶。PTの命を繋ぐ職業。仲間より先に死ぬことは許されません。少しでも多く自身の致死率を下げておきたい職業。


狙うのはもちろん、そう。


131024_02.jpg
全員揃えての必殺「聖者の詩」撮影です。


しかし、なかなか全員に揃って必殺が発動することはありません。


だが私たち僧侶。その程度の困難に折れていて、どうして仲間の命を繋げることが叶うのか。


諦めてはいけない。


忍耐力こそが僧侶に求められる資質。


いつか必ず訪れるその時を、敵の猛攻に耐えて待ちます。


が、ちょっとめんどいし「天使の守り」に妥協することにします。


131024_05.jpg
「くそ、敵が近すぎて乱れる。」


「扉にひきつけて、イオを合図に鐘の前へダッシュね。」


131024_04.jpg
「くっそ、難しい。」


「いや、でもつかんできた。」


131024_06.jpg
「いける。このタイミングはいける。」




「おっしゃああああ!」




131024_03.jpg
だめでした。


c131026_02.jpg
しかし、そんな我々の信仰深い行いを見ていた天は、ぎんのロザリオを落としました。


この流れはもう、間違いありません。


天が味方についている。


そのままヴェリナードにある合成屋のもとへ。


c131026_01.jpg
レオ「しゅび力+1」


サワッチ「HP+2消して、しゅび力+1」


セバルコス「しゅび力+4消して、HP+2」


131024_07.jpg





  1. 2013/10/26(土)|
  2. ドロップ関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

#52:簡潔

201310211937201d2.jpg

ハロウィン前半を無事クリアできたこと、簡潔におけつを添えてご報告いたします。







  1. 2013/10/21(月)|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

#51:願意

昨日、楽しみにしていたハロウィンイベントへの参加が叶わなかった私は、その日はインするなり、一目散でイベント会場へと向かう心構えでおりました。


ジャックにするか…


あくまにするか…


オバケにするか…


ミイラ男にするか…


いえ、頭の中ではすでに決めていました。


そう。

131017_01.jpg
オールドファッション。

ハロウィンイベントへの参加叶わず。

というのも、インするなり一人の男からPTのお誘いを頂いたのです。

c131020_05.jpg
なにかあったらなにかかくブログ」の著者セバルコスさん。

彼の主催した「ゴールド・ボード・ラン・レース」。賞金総額155万ゴールドという熱いイベントへの参加をきっかけに知り合いました。

イベントは5大陸をまたにかけたドルボードレース。瞳をドルマークに変えた参加者たちによる真剣勝負です。正解と思われるコース取りに全神経を集中しゴールを目指します。

正々堂々と。

131014_01.jpg
私そのレースでルーラ使いまして。ぶっちぎりのドワチャッカ大陸レース一位獲得。

セバルコスさんから授与される大陸一位の賞金10万ゴールド。

…いけません。ルールにて禁止されていなかったとはいえ、やっていいことと悪いことくらいわかるのです。

辞退。

賞金は逃したものの、しかしそこで得た新たな出会いが彼なのです。

喜んで誘いを受けました。

セバルコスさんのフレンドのみぃさん、じんないさんも加わりいざ迷宮へ。セバルコスさんから躊躇なく投入されるドラゴンガイアのコイン。

131018_01.jpg
▼PT編成

セバルコス:魔法戦士 Lv53
みぃ:賢者 Lv63
じんない:武闘家 Lv74
ロッソ:奇跡のスティックプラチナパラディン Lv58




いける。

勝ちましょう。




c_131020_02.jpg
だめでした。

その後迷宮をぐるぐるとめぐりつつも、やはりボス戦の敗退は引きづるものがあります。このままではすっきり眠れません。

そこでと一行が向かったのはネルゲル。

131018_02.jpg




先程の敗北の怒りをぶちまけます。

やつあたりです。




c_131020_01.jpg
だめでした。




131018_03.jpg
勝ったね。ツメきつかった。

どうすればいいんだろう。勝ったけど。

うん、勝ったからいいけどバイシオン、おいつかねえ。




リベンジと再会を約束し、すっきり眠りに落ちました。

セバルコスさん、みぃさん、じんないさん!楽しい時間をありがとうございました!



おまけ

ネルゲルに向かう際、短剣を結晶化していたことに気づく、ほぼ一文無しの私はガイアに借金を申し入れます。

c_131020_04.jpg

快諾してくれるガイア。

ありがとう。ありがとう。

c_131020_03.jpg

…。

131018_04.jpg

…うん、ありがとう。






  1. 2013/10/19(土)|
  2. ボス関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

#50:南瓜

日中、職場にて覗き見るツイッター上では、実に楽しそうな実況情報が飛び交っておりました。

そう、本日は一年ぶりに開かれた、アストルティアハロウィンイベント初日です。

今回のイベントは何やら、いくつか用意されたハロウィンコスチュームから、好きなものを選らんで進行していくとのこと。

わくわくします。いてもたってもいられません。

しかし、あれこれ迷っている時間が今日の私にはございません。帰りがやや遅くなってしまいましたし、明日は大きな業務が朝一から控えており、その準備をしなくてはならないのです。今日は長くインすることが許されません。


ジャックにするか…


あくまにするか…


オバケにするか…


ミイラ男にするか…


決めました。



131017_01.jpg
オールドファッション。

タンスから引っ張りだし、身に着けた瞬間、一気に高まるハロウィン感。

c_131017_01.jpg
自分の家のある住宅村にて、ひとしきりはしゃぎます。


c_131017_02.jpg
仮にも公の場でこのような白チャットを垂れ流す姿を、さすがにいかれていると思われる方がいるかもしれません。


c_131017_03.jpg
いえ、私だってTPOくらいはわけまえております。


c_131017_04.jpg
こんなにもはしゃげるのは訳があるのです。


c_131017_05.jpg
この区域は私の所属するチームメンバーばかりが住んでいる区域でして、それも辺境ですからね、まあ、まず人とすれ違うことはないのです。


c_131017_06.jpg
この区域で暮らすメンバーとも、本当にときどきにしか出会いません。


c_131017_07.jpg
出会ってしまいました。がっちり囲まれました。

チームクエスト消化を兼ねた、べリアル討伐帰りとのこと。


c_131017_08.jpg
照れ隠しに、一人ハロウィンイベントに乗り遅れているスバルさんに矛先を向けます。


c_131017_09.jpg


c_131017_10.jpg


131017_02.jpg
明日こそは、ハロウィンを楽しむ構えです。






  1. 2013/10/18(金)|
  2. うちわ話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

#49:宝物

突然ではございますが、まずは以下の図をご覧ください。

Haeckel_arbol_bn.jpg

ドイツの生物学者、エルンスト・ハインリッヒ・フィリップ・アウグスト・ヘッケルがダーウィンの進化論に感銘を受け起こした系統樹です。何か感じるものはありますか。私は「わあ、すごいなあ。迷路みたいで楽しいなあ。」と感じます。

なぜ、冒頭からこのようなものを紹介したかというと、特に意図はありません。本文との関係も一切ありません。

続けます。

私にはドラクエ開始当初から冒険をともにしてきたガイアという相棒のような男がいます。彼のことは下記の過去記事に詳しくあります。短い記事ですので、今回の記事を読むにあたって是非ご一読いただければと思います。彼のことを深く知って欲しいのです。

#9:盟友
#10:天丼

昨日は私が僭越ながらリーダーを務めるチーム「スタンド・バイ・ユー」、その結成一周年イベントが開催されました。そのイベントでの景品用にと、その前の週、サブリーダーであるガイアとともにオーブをかき集めに走った話を今日は書こうと思います。

今度こそ、ガイアのことをきちんと紹介する。今回の記事のテーマです。

131009_01.jpg
まず我々は暴君のもとへ向かいました。稲妻やおたけびを巧みにかわし、圧倒的火力にて敵を蹂躙するバトルマスターの私。パラディンのガイアはなんか壁をしてました。

無事ブルーオーブを一発で入手です。

続く蜘蛛。私とガイアが最初にぶつかった壁。思い出深いボスです。しかし強くなった私たちの敵ではありませんでした。まわりの雑魚、蜘蛛ともども他の追随を許さない戦闘能力で一掃する私。ガイアはなんか壁をしてました。

131009_02.jpg
ここでも私の強運が手伝い、イエローオーブを一発入手。

131009_03.jpg
超速での回復を繰り出し続ける僧侶の私。神のまばたきよりも速いと誰もが噂するそのホイミの速度は、あまりに速すぎて敵の攻撃が追いつきません。結果、攻撃前にほぼHPがまんたんの仲間にホイミは到達し、その後を追いかける形でダメージは蓄積されます。ガイアはなんかブーメランを放りなげて楽しそうです。合計6戦くらいでしょうか。

131009_04.jpg
私が別件でフレンドの誕生日を祝いに向かった為、二日にまたがっての通いになりましたが、パープルオーブを無事に確保。

私のわがままによる中途半端なとこでの初日帰還を、しっかり祝ってあげておいでと快く見送ってくれるガイア。本当にいいやつです。

そろそろ本気で、ガイアの良さをこと細かに記していきます。

131009_05.jpg
次は姉妹です。ここでも私の僧侶センスが光ります。チームメンバーの笑顔を頭の中に描き、色仕掛けにも負けません。不屈の精神力とチームへの思いを盾にして回復に努めます。ガイアはなんか超高級ブーメランを放り投げて楽しそうです。

最後の獲物はグリーンオーブです。

天魔。

その頃アストルティア最強と名高かったやつを、ガイアとともに初討伐したその日「スタンド・バイ・ユー」は結成されました。

最後のオーブはこいつから入手する以外に考えられません。

何度も倒れるサポートメンバーとガイアを鼓舞し叩き起こす。今回ばかりは鬼の形相のスパルタ僧侶である私。ガイアはなんだか壁をして楽しそうです。

苦戦を強いられつつも無事に一勝。オーブは落ちず。

131009_07.jpg
いいでしょう。何度でもやってやります。グリーンオーブはこいつからでなくてはダメなんだ。

131009_08.jpg
でも、なんだかとってもめんどくさくなったのでロボからグリーンオーブは仕入れることにしました。










131009_09.jpg










c_131012_01.jpg





  1. 2013/10/13(日)|
  2. うちわ話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

#48:雇用

c_131006_01.jpg



c_131006_05.jpg



c_131006_02.jpg



c_131006_03.jpg





c_131006_04.jpg
ドキドキドキドキドキドキドキ…





そろそろ更新致します!誠にもって、申し訳ない!


  1. 2013/10/07(月)|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。