ろっそ もひ ろっそ ~ドラクエ10ブログ~

アストルティアで暮らす、ロッソの日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

#37:因果

発病しておりました。ブログ書く時間あったら、アストルティアにインしたい病を。こじらせるとこの病、会社行く時間あったらアストルティアにインしたい病を併発し、それはやがて呼吸する暇あったらアストルティアにインしたい病に転じ死に届きます。そうなる前に、いっそとことんまでやって、こんな病、治してしまおうという…誠に申し訳ございませんでした。

バージョン1.4が楽しすぎて、楽しすぎて。

130517_01.jpg

様々な機能が追加されたバージョン1.4ですが、中でも私が今一番夢中になっているチームクエスト。時にはメンバーと協力し、時にはあのドラキーを鳴らすのは自分だと競うように、日々奮闘しております。

そしてこのチームクエストにおいて、毎回一番下に表示される他のクエストとは一線を隔したお題。初日のアトラス討伐にはじまり、「うさぎのおまもり」「まんげつリング」「ほしくずのピアス」などのレアアクセサリー収集。

なかなか骨の折れる内容が提示されるわけですが、それでも私たちのチームの団結力と情熱にかかれば、どれも特に問題はありません。

130520_01.jpg

130523_01.jpg

130524_01.jpg

130525_01.jpg

c130325_09.jpg

大ありでした。とんでもないものを突き付けられました。

「かいけつマスク」。今回のバージョンで新しく追加されたレアアクセサリーの中でも、現時点では最も入手難度が高いのではないでしょうか。ターゲットはセルゲイナスの転生。出現する個体数の少なさと、かつ同じ目的で集まる冒険者たちの多さにより、とにかくまずセルゲイナスとの戦闘に運ぶまでが難しい。どうにか戦闘に持ち込むことができたとして、そこは転生、容易には出てきてくれません。

サポを引き連れたり、メンバーとともになど、足しげく通ってはみるものの結果はいつも崖で黄昏れて帰る始末。

130525_02.jpg

130525_03.jpg

念願の新ユニフォームはまだ遠いようです。

メンバーたちと志半ばに、その日の「かいけつマスク」ハンティングを切り上げた直後、フレンドのすまとらさんからお誘いがありました。

「モノクル取りに行きませんか?」

「モノクル」。これもまた、アモデウスの転生が落とす、今回のバージョンにて追加された目玉アクセサリーです。呪文ぼうそう率の向上というその有効な性能からも、「かいけつマスク」よりも人気は高いようです。

しかし私は短剣を振り回して魔法使いをLv50まで上げました。賢者もまた、ばくれつ頼りでパッシブだけ取得し捨て置いているという攻撃呪文に無縁のこれまでを歩んできています。最も多くの時間を過ごす僧侶についても暴走では無く安定と考えます。しかも暴走というのなら、ナチュラルスキルでの暴走具合には自信がありますし…何より、その日の私は転生探しに疲れていました。

私はこたえます。

「はいは~い、行きますぴょ~ん!!」

まだ私にしか声を掛けていないとのことなので、すぐさまチームメンバーに声をかけます。しかし転生探しに疲れ果てたメンバーたちからは消極的な返答しか得られません。仕方がない、みんな疲れているんだ。私が離席している間に、スバルさんの粋な計らいにより声が掛けられ、すぐに枠の埋まってしまった超元気玉使用してのレベル上げで忙しいとかではなく、みんな疲れているんだ。

それでもどうにかメンバーのルークさんと、いつ見ても海賊のアジト跡にいるフレンドのチェノアさんを加え、いざポポリアきのこ山へ。

c130325_01.jpg

土曜日の夜という時間も重なり冒険者たちで賑わうきのこ山。ターゲットとなるアモデウスは、どいつもこいつも戦闘中で接触することすらままならない様相です。先程までセルゲイナスを追っていた私には、こうなることは分かっていました。アップデート直後のこの時期に、誰もが欲しがる目玉アクセサリーを手に入れるその苛酷さを…時期が来ればきっと手に入れることもできるでしょう。

c130325_02.jpg

c130325_03.jpg

c130325_04.jpg

いました。なんか、すぐ出てきました。きのこ山について、アモデウスのいる場所をすまとらさんが説明し終わる前に出てきました。

130525_04.jpg

見事にそれぞれ、二つのモノクルを手に入れた私たちは、全員で合成屋へと向かいました。他の三人が合成代を銀行に取りに行く間、私は合成屋りーネへ媚を売る作戦にでます。

c130325_05.jpg

c130325_06.jpg

そして話し合いの上、ダイスを振り、小さい数字の方から順番に合成をしていくことに。

すまとら「4!」

ルーク「72!」

チェノア「94!」

私「100!」

この最重要場面にて、最高数値を叩き出す私。完全に何か得体の知れない流れが私に注ぎこまれてきていることを感じます。しかし、いざ合成になると、たいした盛り上がりを見せることなく終わったので、以下に結果だけ記しておきます。

すまとら:呪文ぼうそう率+2%

ルーク:呪文ぼうそう率+2%

チェノア:呪文ぼうそう率+2%

c130325_07.jpg

繰り返します。私に攻撃魔法は無縁なのです。

c130325_08.jpg

すまとらさん、チェノアさん、ルークさん、存分に暴走したらいいです。また遊びましょう!


スポンサーサイト
  1. 2013/05/26(日)|
  2. ドロップ関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

#36:隠蔽

もう一ヶ月近くの時間が流れてしまいました。それは4月20日の出来事です。

私がこの部屋の窓から見上げる空は、終日雲に覆わた一日でした。最高気温は11.5℃、最低気温は9.2℃、北東から緩やかな風の吹くそんな一日でした。そうYahoo!の過去の天気に書いてあります。

それが、だからどうしたのか…

知りません。ただ私に言えることは、その日の天気は今回の記事に一切関係無いということだけです。

その日は過去の記事にて募集を掛けた「ザ・キャッツコイン」を一緒に使いましょうという、このブログを開設して初となる読者様参加型イベントの決行日でした。

1ブロガーとして日頃の感謝を込めて、またイベントのホストとして、つつがない進行に注力する構えです。

はやる気持ちを抑えながらアストルティアへとイン。その時点で既に3分の遅刻です。気持ちを抑えている場合ではありません。急ぎましょう。本当にすみませんでした。

c_130420_01.jpg

集合場所で私が目にしたものは、事前にツイッター上で約束を交わしていたチェノアさん、シスリーナさん、ここてぃすさんの他に、当ブログの告知を見て集まってくださった方がなんと9名も!総勢12名!

c_130420_02.jpg

嬉しかったです!大変遅くなりましたが、この場を借りてあらためてお礼申し上げます!有難うございました!!

出来れば一人一人と時間を掛けてお話したかったのですが、場の都合を考え当初の予定通りイベントの進行に務めます。

まずはとある情報通から事前に教えて頂いていた有益な情報を、参加される皆様に伝えるところからです。

この「ザ・キャッツコイン」は使用すると、通常の迷宮探索部分はカットする形でボス戦へと突入します。その為「はぐメタのコイン」及び「元気玉」との併用により、恐ろしいほどの経験値を短時間で稼ぎ出すことが可能とのことなのです。

残念ながら私には高価な「はぐメタのコイン」を持ち寄るだけの経済力がありませんでした。また私同様に手が届かない方もいらっしゃるだろうことから、はぐメタ希望者を確認し集まって頂くことに…しかし蓋を開けてみれば、幸いにも希望者はゼロという結果でした。一つ手間が省ける形となり、大変助かりました。もしかしたら、気を使って遠慮された方もいたのではないのでしょうか…

c_130420_03.jpg

参加者は前述の通り12名で、これまた幸いにも4人ずつきれいに別れられる形となりました。ダイスを振って出た目の順に4人ずつチームを組みます。
※ちなみに今更の情報ですが、4人以上集まった場合には留守番を上手にまわすことで、5人でも6人でも7人でも一人4回の使用が可能です。詳しくはgoogleで検索!

■Aチーム
ペピさん、まちゅさん、チェノアさん、私

■Bチーム
りのすさん、こたーひぃさん、サスケさん、メイメイさん

■Cチーム
ささきんぐさん、みいたん・さん、ここてぃすさん、シスリーナさん

チーム分けが決まったところで何かしようということとなり、コイン4枚を消化する速さを各チームで競うことになりました。ビリになったチームからトップのチームへは「うんこ」が贈られます。そして2着のチームは何か一発芸をお披露目というルールが設定されました。

いざ出発です。

c_130420_04.jpg

130420_01.jpg

ボスの強さはそれほどのものでは無く、「おいおい、バズズのコイン間違って使うなよ~」などと盛り上がりながら回っていましたら、あっという間に終わってしまいました。

c_130420_05.jpg

圧倒的なスピード感から勝利を確信し迷宮から出ますと、そこにはすでにCチームの面々がおりました。

私たちAチームはどうやら2着だったようです。思い返せば図鑑に載らないネコたちを、一匹ずつ片端からみやぶったりしたのが間違いだったのです。しかたがありません、現実は現実として素直に受け入れましょう。妙な言い訳や、言い掛かりは不細工です。

c_130420_06.jpg

やがて最後のBチームも無事にネコヒゲ4つをたずさえて戻って参りました。ルールに従い、BチームからCチームへと「うんこ」が贈呈されます。

c_130420_07.jpg

その裏でなんだか皆さん忘れている感じなのを良いことに、私たちAチームは一発芸のもみ消しをはかります。

c_130420_08.jpg

あれよあれよと、本当にもみ消しは成功してしまい、記念撮影を行うことに。

130420_02.jpg

最後に参加者全員で、手に入れたばかりのネコヒゲの合成を行い、その日のイベントは終了しました。

c_130420_09.jpg

ゴルゴ13の背中も取れるであろう大成功のネコヒゲを手に入れられた方から、ほんのりすばやくなっただけの方など結果はまちまちでしたが、楽しく終われて良かったです。

お集まり頂いた皆さん、本当に本当に有難うございました!!

皆さんと別れたその後で、私とともに2着のAチームだったチェノアさんが、一発芸の変わりに大喜利を披露してくれました。

c_130420_12.jpg

お後がよろしいようで。

…つくづく自分の汚さを感じております。すいません。





おまけ

c_130420_11.jpg




  1. 2013/05/12(日)|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

#35:禁忌

痛い痛い痛い痛い…灰色の毛玉に投げられた石の痛みがひかないのです。


▼MONOGOiのうなぢ

またも強イッドに挑んだ話~前編~

またも強イッドに挑んだ話~後編~







※最低です。誠に申し訳ございません。当ブログの更新は、今週末を予定しております。



↓記事のテンプレートにしてしまっている為に張り付いています。クリック不要!何卒モノゴィさんのブログでクリックを!!
  1. 2013/05/09(木)|
  2. ボス関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。