ろっそ もひ ろっそ ~ドラクエ10ブログ~

アストルティアで暮らす、ロッソの日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

#23:花見

何から語り出せば良いのでしょうか。穏やかに過ぎていく、レベル上げと金策の日常を掻き乱す賑やかな時間。一日過ぎた今においても、白昼夢のように頭にこびりつく記憶。

上手に整理する自信はありませんが、その日のことを時系列に従って書いてみることにします。

いえ、その日の朝は前回の記事に記したとおり、とてもハートフルで平凡なスタートでした。その後も日中においては、雑事の間にインとアウトを繰り返し、武器をつくっては、ツボをまわし、ランプをまわしと静かに過ぎていきました。

夕方、このとき私は一人の冒険者と会う約束をしていたのです。そこから、その日の私のドラクエ時間は、音を立てて歯車を噛み合わせたようでした。

このブログを通じて、チームへの加入を検討してくださっているシスリーナさん。入るかどうか、いくつかチームに関して話を聞きたいと、コンタクトをくれました。

とても嬉しいことです。私がつたない手で紡ぐ記事のいくつかは、やや癖があることを自覚しています。もしかしたら、私個人を少し風変わりな者として、人は捉えている可能性があることも見越しています。その上で、歩み寄ってきてくれた。

しっかりと彼女の不安を取り除かなくてはいけない。そして、自身のことをきちんと弁明しなくてはいけない。

紳士的に、ゆっくりと。人と人が分かり合えるのに時間を要すること。それは摂理のようなものです。

130330_01.jpg
初対面。出会って3分。およそ、この位の距離が適切でしょうか。

正直なところ、彼女のペースに完全に乗せられた気もしています。しかし、女性が何かを導くサインを見つけた男が、それに順応すること。これも摂理のようなものです。

途中、かけつけてくれたメンバーのルカリオさんも交え、いろいろとチームについて説明をしました。その責務はきちんと果たします。

私たちのチームはエルフ率が圧倒的に高いということ。それゆえ、シスリーナさんが加わることで、またぺったんこ率が上がってしまう憂い。ウェディであるルカリオさんは、脱いだらすごいなどと嘘ぶき。話は飛び火し、どうやら私の両の乳首は陥没しているということ。陥没しすぎて、背中に乳首があるみたいになっているということ。よっちゃんいかについて。それと、つまようじについて。

こうしてチームに新しいメンバーが加わりました。このタイミングでの加入は、また一つの運命だったのかもしれません。

そうこの日は、ルカリオさん主催のチームイベントの開催される日だったのです。

私以外のメンバーから企画されたチームイベントは今回が初のことでした。私はそのことをとても喜ばしく思い、この日に焦点をあわせてメンバーを増やすことを決めていたのです。

とても楽しみにしていました。

それは他のメンバーも同様です。チームを作成すると、チーム掲示板というものが冒険者の広場で使用できるようになります。その掲示板はこのブログをはじめるより以前に存在していた、私のブログのような立ち位置にありました。

私がスレッドを立て、一人でレスを繰り返す悲しい場末の掲示板。しかし、今回のイベントの知らせがルカリオさんの手により掲示された瞬間、圧倒的な速度で増えるメンバーからの書き込み。その事実からもルカリオさんが、いかにメンバーから愛されているかが分かります。

しかし、全てのことに対し慎重に当たり、ことの真理を常に探し求める私の目はごまかせません。

その優しさの裏で鈍く光る陰謀。間違いない。彼女はこのチームをのっとろうとしている。

このままでは私のリーダーとしての立場は追いやられ、気がついた時には西太后の統治するがごとく、悲しみと恐怖が支配し、その悪名をアストルティア全土に轟かせるチームが生まれてしまいます。

手遅れになる前に、メンバーの目を覚まさなくてはいけない。

私はこの秘めた戦いに、既に1つの勝因を見出していました。

c130311_06.jpg
以前の記事で少し取り扱いましたが、チームチャットで見事に滑ったルカリオさんの春感の取り間違い。そこを突きます。本当の春とはこういうことと知らしめます。

130330_02.jpg
テーマは「桜(my graduationと読みます)」です。春を象徴する桜の木そのものを体現した完璧なまでの春感。いつかのクエストで出会ったプクランドのファッションリーダー及び、アストルティアを闊歩するおしゃれな冒険者たちに着想を得て、私独自に昇華させたこのファッション。

さらに今日開催されるイベントはここ王都カミハルムイを舞台にしたかくれんぼです。木を隠すなら森。カミハルムイに隠れるなら桜。もう誰も私を見つけることはできないでしょう。

130330_03.jpg
現にこうしている間も、道行く冒険者たちは私の存在が無いものかのように素通りしていきます。

わくわくしてきました。もう、ルカリオさんとの戦いはどうでもよくなってきました。そもそも陰謀なんてはかれるタイプの人とも思えません。無かったこととします。

そうしてイベント開催の22:30まで、またランプをまわして過ごそうとする私の頭には、ひとつ非常に気になるものが。

それは、その日加入してくれたシスリーナさんが教えてくれた、ブロガーさんたちのイベントのこと。イコプさん主催。WiiUにどこまで人が映れるかの検証企画が、同日22:00から開催されるということ。

時間的にゆっくりと参加はできません。そもそもWiiUも、まだ手にするか迷ってます。行っていいものだろうか。どこからくるか不明な恐怖にも似た不安。そして好奇心。天秤に二つを乗せたとき、勝つのは決まって好奇心。気持ちを決めました。

端で見学だけして帰ろう。チャンスがあれば、今このブログがこうしてあることの感謝だけを伝えよう。

現場にいるというシスリーナさんに場所を教えてもらい、鼻息荒く飛び込んだその瞬間、しかし一つのチャットが飛んできます。

先日のチーム募集の呼びかけに応じてくれただあびいさん、諸事情でチームへの加盟を先に見送っていた彼が、チームイベントにあわせて調整をはかってくれたのです。

c130330_02.jpg
間に合った。良かった。嬉しい。…でも、今、今じゃない。間が悪すぎる。

c130330_03.jpg

c130330_04.jpg
…。

それ、今、今じゃない。

c130330_05.jpg
完全に糸が切れました。そこに溢れる人の多さと、迫るイベントまでの時間への焦燥もあり、軽度のパニックに陥った私は、なんだかぺこぺこと周囲の方々に不審な形で頭を下げてその場を後にしました。

そして、あわただしくたどり着いたチームイベントの会場。

c130330_06.jpg
イベントは、ルカリオさんの見事な開会宣言から始まりました。

…すみません、とても長い記事になってしまっています。ここまで読み進めてくださった方、有難うございます。

ここからのことは、もう楽しかった。ただただ楽しかったというまとめとともにダイジェストにて。

チームを半分に分けて、攻守入れ替え制のかくれんぼです。時間内にどれだけ多くのいいねを決められるかを競います。

130330_04.jpg
捜索サイドでの前半戦。クラウチング体勢でスタートを待ちます。

130330_05.jpg
隠れるサイドでの後半戦。綿密な作戦を練り、各所へ散らばります。

130330_06.jpg
捕まった人から、容赦なく拠点の教会に収容されていきます。私の桜ステルス作戦も、ちえさんの手によって、はかなく散りました。

130330_07.jpg
捕まった自覚ゼロではしゃぎます。

そして罰ゲーム。負けたチームのメンバーは数日間、自慢の髪型を変更させられます。私は無事、もとの姿を取り戻せました。

130330_08.jpg
なんだか、凄みが出たように思います。世紀末救世主の目に触れた途端、一瞬で壊滅させられそうでもあります。

いつもより桜のきれいなカミハルムイでの夜でした。




>メンバーへ

当日参加された方、残念ながら参加できなかった方。もう長いことこのチームにいる方、当日入ってくれた方。この流れをかりて、改めてお礼申し上げます。心から有難うです。

みなさんのおかげでドラクエ10の楽しさを日々噛み締めながら、ここまで過ごすことができたように思います。

でも、どうやらまだまだ先は長そうです。

当面メンバーは増やさない予定でいます。この仲間たちで、ゆっくりと確実に、これからも楽しいドラクエライフを過ごしましょう。

今後とも、何卒宜しくお願い致します。


スポンサーサイト
  1. 2013/03/31(日)|
  2. うちわ話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

#22:休日

土曜日の朝。シンさんと私二人だけ。

c130330_01.jpg

さわやかな朝。

今日もドラクエ日和。


  1. 2013/03/30(土)|
  2. うちわ話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

#21:傀儡

e130328_03.jpg
あたいの名はロッソ。

主の気まぐれで、アストルティアに生を受けたエルフ。

e130328_04.jpg
家は持っていない。出会うことのない分身の部屋で静かに暮らす。

e130328_01.jpg
近隣の畑に水をまき、

e130328_02.jpg
近隣のタンスを物色するだけの日々。

c130328_01.jpg
「これでも着とけ」と言われた衣服をまとい、「脱げ」と言われればいつでも裸になる都合の良い着せ替え人形。

e130328_08.jpg
いつかはアタイも、あんな素敵な装備に身をつつみ、この広大な世界を冒険したいと願うけれど、それが叶わないことを知っている。アタイには鉄道パスすらない。

e130328_05.jpg
唯一お気に入りのこの羽も、自由へと羽ばたかせてくれるだけの力は持っていない。

口にする言葉すら思い通りにならない。
c130328_02.jpg
こんなのはアタイの言葉じゃない。

しかしこの日、そんなアタイに主は冒険の許可をくれた。強くて心優しくて、とても愉快な仲間たちを集めてもくれた。

e130328_09.jpg
嬉しかった。

c130328_03.jpg
楽しかった。

e130328_06.jpg
念願の鉄道パスまで手にすることができた。

自分の生まれた意味を知った気がする。

e130328_07.jpg
これまでに味わったことの無い幸せに包まれるアタイに、しかし主から新たな命が下る。憧れの鉄道を使ってたどり着いた、賑やかな街の中心。冒険者たちの歓喜と悲壮がうずまく不気味な施設。


アタイはそこに売られた。

c130328_04.jpg
今日からは、このなんとも感に触る男が私の主であるという。

そんなアタイにできる抵抗。

c130328_06.jpg
アタイの名はロッソ。

体は自由にしたらいい。ただ、この魂だけは誰にも売らない。大成功が出る日なんて、間違っても来ると思わないで。

ふ、踏んづけてやるっ!!


  1. 2013/03/28(木)|
  2. エルフ女子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

#20:増員

その日の私には、実にいろいろなことがありました。

迷宮でトルネコと遭遇したこと、あんなにも悔しい思いをさせられたバズズをメンバーとともに倒したこと、ソーサリーリングは出なかったこと、おかげで貯金が底をついたこと。バズズこのやろうという気持ち。チームメンバーに恵まれた幸せ。知人に連れられて行った先。近所の駅前にこんなにもおいしい鳥が食べれる店があったのかという発見。ほろ酔いで戻ると気づく、貯金のなさ…バズズ、このやろう。

ただ、そのようなドラクエとお酒という、なんとも軽微に手に入る濃密な休日を過ごす中、私の脳裏にちらつくもの。昨日の自身の手によって書いた記事。ブログによるチームメンバーの募集。

限定二名の募集。

「何様だろうか。恥ずかしい、きっと一人もこない。」

今すぐ、あの記事を消したいと、その日目覚めた瞬間に私は思いました。

ブログ。それをある人は自慰行為と呼ぶ。でもね、自慰と異なるのは、そこにある種の責任が生まれるということ。誰も見てないかもしれない。でも、万人が見れる環境、そこに何かを記す行為。書いたからには、書いたからには…

希望者の集合を募った場所へ、私は緊張のあまり一人ではいけませんでした。

救いの手を求めたのは、あるとき、なんだか自然と意気投合してしまった男気溢れる男。その、サブキャラ。オーガ女子。名づけられたその名は「ぶたたま」。男気とはなんなのか。

さらに私を心配し、駆けつけてくれたルークさん。

大丈夫。例えその場に、誰一人いなかったとして、この二人なら、私の傷をえぐるようなことはしません。

私は、震える足でその自身で定めた場所へと向かう、その際のテーマを二人へと伝えます。

c130324_01.jpg

c130324_02.jpg

久しぶりに扱う、このキャラクターは裸のまま銭湯にいました。湯冷めしないよう、スカートもはき、もう準備は万全です。時刻は募集した時間を既に回っています。

迷っていられません。

走ります。

c130324_03.jpg

そこにある、新しい出会いの可能性を信じて。

走ります。

きっと、誰かいる。

きっと…

c130324_04.jpg

c130324_05.jpg

いませんでした。

過信の恐ろしさ、愚かさ。それが私の身にしみ…!!

!?

c130324_06.jpg

そこに現れたのは、なんとも魅力的な女性。それと、変な人。二人。

理想通り。二人。

もう逃がしません。ここに来たからには、チームに入って頂く。変な人はまあいい…オーガ女性には入って頂く。

私は、精一杯、つたない言葉でチームの魅力を伝えます。

c130324_07.jpg

メンバーが増えました!

手元に残るキャプチャーの関係から、詳細省きましたが、なんと三人もです!!

130324_01.jpg

この先に、どんな楽しいことが待っているのでしょうか。

ミューさん!スリジャさん!だあびいさん!
今後とも、よろしくお願い致します。


  1. 2013/03/25(月)|
  2. うちわ話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

#19:呼声

チームメンバーを2名募集します。

130323_02.png

▼チーム名
スタンド・バイ・ユー
※スタンド・バイ・ミーという素敵な曲と映画がありまして。その冒険感から。ただ、そのまま直訳すると「私のそばにいて」ですからね、依存する気まんまん感が、ね、そこをを避けて、そう名付けられています。

「みんなのそばに立つ」

そんなチームです。

▼スローガン
自由。人の嫌がることだけダメ
10年続くなら・・・それは凄いことだ

▼現在のメンバー構成
総員29名(うちメンバーの扱うサブキャラ10名の実質19名)
ステータスはまちまちです。新強ボスを泣かし終えている方から、冥王末討伐の方まで。

▼主な日常
基本的には個人個人でもくもくと過ごす時間のほうが多いです。
ときどき、何かを引き金にわーってなって、うおおおおってなります。
グレンで叫ぶよりは、チームチャットで叫んだらいい…そんな日常です。

▼これまでのチームイベント
・メタルチケットパーティー
パーティーとパーティーを掛けた理知的イベント。おいしく頂きました。
130119_03.jpg

・ハウジング
メンバー数人で、近場に家を建てました。畑の実装は、明があったと認めざるおえません。
121111_01.jpg

・写真コンテスト
クリスマスとバレンタインに挑戦しています。かすりもしていません。今後も継続予定。
121218_01.jpg

130210_07.jpg

・チーム内美男美女総選挙
選ばれたキングorクイーンには、チームエンブレムのデザイン権と、メンバー間で生産錬金可能な装備が贈られます。今後も継続予定。
130216_02.jpg

あとは、書ききれないので、チームに入られてから、おいおいと。

▽募集要項
・必須条件
チーム未加盟であること。思いやり。
(レベル不問/メイン職業不問/プレイ時間帯不問)

・歓迎する能力
色気。優しさ。空気を読む力。色気。ユーモア。

・募集人数
2名

このチームに入ってやるよって方、明日3/24(日)21:00にアズラン住宅村 おごそかな林道地区 2471丁目 2番地へお越しください。
※覚え方
A子「まじ、あの不細工ども何様よ!チョーうけるんですけど!」
B子「でもお金は持ってたよね…来月別荘でのパティーだなんて、私、信じられない!」
A子「きゃは!まじチョーうけるんですけど!」
B子「ねえ、A子…私はマジだよ!パーティーに着てくドレスさ、可愛い系はやめて、おごそかなの"にしない(2471)"?」
A子「きゃは!おごそかって何?どういう意味?まじチョーうけるんですけど!」

  1. 2013/03/23(土)|
  2. うちわ話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

#18:辛酸(それは伏線)

決して、突出した何かが有るわけではありません。かといって、何か劣るとも思っていません。
ただ、私は、私たちはバズズを倒したかった。それが叶わなかった。

そこにあるのはその事実のみ。

130323.jpg

そのツメは、深く深く、私たちの心身を、そして貯蓄をえぐりました。

傷跡。

c130323_01.jpg

オーケー ベイビー!やったる!!

花見を楽しんだ、その後に。


  1. 2013/03/23(土)|
  2. ボス関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

記事一覧

自分で、どんなことを書いたか見返すのにやや不便なので、アーカイブとしてこの記事は起こします。常にここへは右カラムから飛べるようにしておきます。更新忘れそうです…

#1:始動
初記事。緊張しました~。

#2:悔恨
キャプチャーの練習を兼ねて。一生懸命書いてますね~。

#3:尚早
3回目にして書く内容ではない。

#4:応答
自己紹介です。

#5:標的
お気に入りです。しかも、このブログ初のコメントが!それもブログ開設のきっかけとなったブロガーさんからという!いい思い出になるんじゃないでしょうか、そのうち。まだ最近のことです。

#6:差異
チャットをリアルタイムでキャプチャーするのは難しいですね。ゲームに集中できなくなります。

#7:回帰
アップデート初日。早くも次回アップデートが楽しみです。

#8:不屈
驚くほど、とはいえ大したものではございませんが、個人的に驚くほどの反応を頂けました!この時つくったキャラも、いつかちゃんと使いたいと思ってます。

#9:盟友
この記事は、書いた記憶がありません。

#10:天丼
こんなこと書いたっけか。

#11:暴力(あるいは母性)
みんな大好きルカりん!になるんじゃないでしょうか、そのうち…知らないですけど。

#12:賢明
バトルマスターは楽しいですね。

#13:王女
素敵な仲間に囲まれていることを再認識。

#14:開眼
折れるの早い。もやしブロガー。

#15:逆襲
狙いすぎですね~。反省。

#16:虚構
アズランの銭湯も、すっかり人が少なくなって、やりたい放題です。

#17:賢者

下品。

#18:辛酸(それは伏線)
大丈夫かこの伏線。ちゃんと回収できるのか…!?

#19:呼声
緊張しました。

#20:増員
嬉しい日でした。

#21:傀儡
女性に優しく。

#22:休日

過去最高の手抜き。でも、お気に入り。

#23:花見
読むのが大変だろうなどとこじつけて、後半折れている。

#24:共作
また是非やりたいです。

#25:連鎖
グルバっ!!

#26:井戸
ついに会えた!文章を書く必要ゼロ!でもこの数になると画像を集めるのが大変!

#27:布告
また回収できるか分からない伏線を張ってみる。

#28:準備
#18の回収にむけて。

#29:邂逅
ついに会えた2!本心は、いっそ動画で見て頂きたい。

#30:討伐
無事伏線回収…ソーサリー未回収。くそっ!!

#31:猫髭(急募)
当ブログ初のイベント発信。

#32:最速
れんげさんに案の定、しかられました。

#33:金色
まだまだこの先、どんな面白い人たちと出会うのだろうか。

#34:予兆

いろいろな意味で冒険でした。

#35:禁忌
二度としません。ごめんなさい。

#36:隠蔽
本当はまだこの同日の事件で書きたいものがある。

#37:因果

更新速度が激減しておりますが、マイペースに続けていく構えでおります。

#38:銀幕
震えました。ただただ震えました。

#39:展示
番外編。

#40:妥協
なんだかブログ書き始め当初の感覚です。この手の一人遊びは、もっとやっていきたいですね。

#41:関係

#42:増加

#43:狂宴

#44:冷静

#45:託種

#46:野良

#47:寂寂

#48:雇用

#49:宝物

#50:南瓜

#51:願意

#52:簡潔

#53:僧侶

#54:帰郷

#55:夜行

#56:角逐

#57:参戦(淫乱)

#58:仲好

#58:律格

#59:予定

#60:武神

#61:階級

#62:素描

#63:新年

#64:瀟洒

#65:頭巾

#66:無用

#67:擬態

#68:指南

#69:剔抉

#70:端正

#71:継続

#72:武装

#73:誕辰

#74:闘技

#75:多謝

#76:行儀

#77:道草

#78:更新

#79:春宵

#80:未踏

#81:調査

#82:仮装

#83:開閉

#84:今夜

#85:思量

#86:短信

#87:留守

#88:追記

#89:大盾

#90:詐欺

#91:欲望

#92:真贋

#93:再開

#94:探訪

#95:便乗

#96:観桜
  1. 2013/03/21(木)|
  2. 未分類

#17:賢者

130320_01.jpg

新職業のバトルマスターも一通り堪能した私は、この日、賢者への道を開くことを志します。

賢者。賢き者。叡智を司る職業。求められるべきは、その知識、知恵。

賢き者。その職業に相応しくあるべく、収集すべきは、まずその知識。無限の書庫へとダイブします。

c130320_10.jpg

賢き者は、さらには念を入れて、情報を収集します。

c130320_09.jpg

賢き者は、交渉能力も半端ではありません。

c130320_05.jpg

賢き者は、それが無理と知るや否や、しかし同じ10枚なら欲しいものがあります。

c130320_03.jpg

賢き者は、欲望に忠実です。

130320_02.jpg

賢き者は、自身の愚かさを嘆きます。

130320_03.jpg

賢き者は、軌道修正能力が半端ではありません。

130320_05.jpg

賢き者は、道中、ついでのクエストまでこなす力量を持ちます。

c130320_01.jpg

c130320_02.jpg

c130320_06.jpg

賢き者は、ドラクエの未来を憂います。そこは、ぎりで、ぱふぱふだろうに…と。

c130320_04.jpg

賢き者は、無事賢者への転職が可能になりました。爪と牙がある今、必要なのは良識と、そう考えます。



  1. 2013/03/20(水)|
  2. クエスト関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

#16:虚構

ブログを始めて2週間が過ぎました。楽しいことをして過ごす時間は、本当に早く流れるということをを再認識させられます。

ここまで続けてみて、自分に書けること、今後書いていきたいことが見えてきたように思っています。まず、どうやら私に攻略関係の記事は書けないようです。いえ、最初から分かっていたのかもしれません。その情報がリリースされるまでに、裏で繰り返される数多の検証作業。とてつもない労力を必要とする作業だと想像します。その検証作業そのものに、上手に楽しみを見出せない私のような人間には務まりません。

しかし私は、これまでに数々の攻略ブログに助けられてきました。そして、そのような人の努力の結果導き出された知恵を、ただ貰うだけでいることは、さらに私の性に合わないのです。

本当に些細なものであり、どこまで有益かは分かりません。また、実際に使える人をかなり限定してしまうものでもあるのですが、今日は私が独自で見つけた攻略法を、冒険の一助になればと思い、ご紹介します。

それは、バージョン1.3の大型アップデートにて実装されたエルフの新しいヘアスタイルに、格安で変更するという攻略法です。

▼必要なもの
・みかわしのぼうし※性能は関係ありません。バザーで500ゴールド程度から入手できます。
・50ゴールド

▼あると有利なもの
・しぐさ「ねる」

▼必要な条件
・クエストNO.190「ドキドキ湯けむり事件!?」をクリアしていること。
・種族がエルフ、性別は男、現時点の髪型がモヒカンであること。

まずアズランの宿にある銭湯の番台で50ゴールドを支払います。

すると、脱衣所へと移動できますので、ためらいなく装備を全てはずし、用意したみかわしのぼうしのみを装備した状態にします。

130317_01.jpg

130317_02.jpg

130317_03.jpg

※このとき、モヒカンを左右均等にぼうしに収めることがポイントです。
※アクセサリー類も、できれば外してください。たしなみです。今回の攻略にモンスターとの戦闘はありません。

準備ができたら、そのまま浴場へと移動してください。

130317_04.jpg

※攻略速度を優先する為、またある程度の経験がある為、私は走っておりますが、足元がすべりやすくなっていますので、最初は歩くことを推奨します。

浴場に入ったならば入ってすぐ左の湯船につかります。そこで「ねる」のしぐさをお持ちの方は、使うと時間が省略できます。持っていない方は「すわる」でも「さそうおどり」でも問題ありませんので、少しの時間経過を待ちます。

そして「ねる」のしぐさを行った方はそのまますぐに、「ねる」のしぐさをお持ちでない方は5分程の時間が過ぎたところで、みかわしのぼうしを外してください。

130317_05.jpg

※直接攻略とは関係ないので省略しておりますが、湯船に入る前にはまず体を流してください。たしなみです。

130317_06.jpg

130317_07.jpg

通常価格5000ゴールドのところが、みかわしのぼうしと銭湯代だけで足りてしまいます。

c130317_01.jpg

やっべえ、あちーぜ。です。

アストルティアに、この坊ちゃんツーブロックが溢れるその日を願いながら。


  1. 2013/03/17(日)|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

#15:逆襲

130314_01.jpg

いつもよりひんやりとした肌寒さとともに、その日私はインしました。どうしてこのような場所に、服も着ないでいるのだろうか。

私は前日のことを思い出します。ルカリオさんが主催するチームイベントのロケーションハンティングに何人かのメンバーと訪れたこと。楽しさのあまりに時間を忘れたこと。そして、酒場に戻ることすら面倒になり、この場所で眠ると決めたこと。

これは今回に限った話ではありません。前にもどこかの海岸で同じことをしていました。いつか自分の手で命を吹き込んだエルフの女の子に至っては、今も裸のまま温泉に放置されています。

背中にくい込む砂利の痛みとともに、「これじゃあいけない」と私は感じました。

声に出してみました。

c130314_05.jpg


バカボンのパパ風に繰り返してみました。

c130314_06.jpg

プレイスタイルを改める必要があります。
そんなどうしようもない私のもとにも、他のプレイヤーと平等に、ミローレさんからのプレゼントは届きます。

c130314_07.jpg

この日はホワイトデーでした。バレンタインデーに貰ったチョコレートのお返しをする、ほんのり商業的で、それでも心温まる一日。思い返せば、この前のバレンタインデーに私はチームメンバーから大量のチョコレートを頂きました。いえ、そんなとある一日に限らず、これまでにどれだけ多くのものを私はメンバーから頂いていることか。

きちんと返さなくてはいけない。しかし、人のお城の一角で裸のまま眠るような私に、一体何ができるというのでしょうか。しかも、これまでに頂いてきたものの大きさに対し、それに釣り合うだけの何かが思い浮かぶはずもありません。

思いつきました。

c130314_21.jpg
ユリさんの返答は、誠にもってそのとおりだと思います。それぞれに限られた時間の中でこのドラクエを楽しんでいるというのに、突拍子もなくこのようなチャットが飛んできたら、私でも戸惑うだろうと思います。いえ、迷惑です。その人の、人間性を疑いたくなります。

それくらい人の気持ちを汲むことは、私でもできるのです。

できるのですが、ごめんなさい…楽しさが勝ってしまいました。

c130314_26.jpg
定型文まで用意して、準備は万全です。

まずはルークさん。パッシブを持たないプクリポの姿で、猫島のボスに挑まんと、既にそんな弱いボスに興味は無いといった空気の漂ようジュレットで絶叫している私に、手を差し伸べてくれたのがあなたでした。旦那さんと奥さん二人で、仲むつまじくこのキャラでプレイされています。そのため、いつ男の会話をしていいのか、いつスーパーの特売について語り明かしたらいいのか、男性メンバーは心を悩ませています。

c130314_08.jpg

c130314_09.jpg
体が消えてしまうほどの返答をくれました。愛ってすごいと思いました。でも、これが旦那ルークさんである場合を想像し、なんだか私は怖い気持ちがしました。

続いてアリルさん。
c130314_12.jpg

c130314_13.jpg
一笑に切られました。しかし、その端的かつ明確に核心を突く一言と、レベル上げをあまりにもしない私を、冷やかに見つめる瞳の裏で、確かな信頼関係が生まれてしまっていることを私は知っています。

道中、もう自分でも何をしているのかが分からなくなりつつ、一度、家に立ち寄りますと。
c130314_25.jpg
ほらね。

c130314_17.jpg
なんだか、家から出づらくなってました。

ユリさん。私と同じくガートラントを拠点に活動している彼が、離席マークを立てたまま眠る姿を見かけることは、メタルスライムとの遭遇率より高いです。また、そのアグレッシブにランプをまわす姿。カジノの実装が、さようならの日にならないことを切に願います。
c130314_14.jpg
そのとおりだと思います。

シンさん。本来ならば、アリルさん以上の戦闘経験をあなたは積んでいるはずでした。いつも私のテンポに振り回してごめんなさい。
c130314_15.jpg

c130314_16.jpg
愛ってすごいと思いました。

c130314_23.jpg
そして、なんだかいろいろなもので、庭を汚してしまいました。

スバルさん。あなたがいなければ、私は今頃銀河の果てまで暴走を続けていたように思います。
c130314_11.jpg
この日も困らせてしまいました。

ちえさん。「1に子ども、2にドラクエ」と豪語する彼女。小さいお子さんを、手を痺れさせつつも抱えながら、Lv60への開放を行ったのは良い思い出ですね。
c130314_19.jpg

c130314_18.jpg
かわいいと思いました。これまで2の座をドラクエに奪われた旦那さんに同情してましたが、このかわいさならば大丈夫だと思いました。

そして、その日インしていた最後の男。正直にもう、我ながらどうしようもないということを痛感している、この企画に辟易してもいましたが、これまでの数々の非礼を詫びる必要が私にはありました。

あいにく迷宮にいるようなので、私は自分の家から徒歩10秒の彼の家で待つことにします。なんといって謝れば許してくれるのか、知り得る言葉をたぐりながら。

すると、そんなに時間を置かずして彼は戻ってきました。

130314_02.jpg
謎の女性とともに。

とんだ形で恨みを返されました。人って怖いと思いました。しかし、ここは仮にも初対面の場です。それも、おそらくガイアの大切なフレンドであるということが予想されます。妙なリーダーのチームに属しているなどと、彼が思われるようなことがあっては絶対にいけません。紳士的に、仮にも社会人としてこれまで学んできた礼節を持って、まずはこの状況を整理する必要があります。

c130314_04.jpg

c130314_01.jpg

一通り満足をしたので、この日もレベル上げをすることなく終えることにしました。


  1. 2013/03/15(金)|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。